毛周期と脱毛の仕組み

脱毛サロンはどこも2〜3カ月に1度通います。

「毎月行った方が早く脱毛できそうなのに?」と思った方、それは間違いです。
脱毛の光は、当てれば当てるほど毛が減るというものでもありません。

1回光を当てて、減らせる毛は、全体の毛のうちの約3分の1以下。

これは光の特徴によるものです。
脱毛の光は「黒いものに反応する」という性質があります。

黒いものとは毛のことで、毛の黒い組織(メラニン)を通って、光は毛の根元までたどりつきます。たどりついた光は、毛が生えるための組織(毛乳頭)を破壊し、毛は生えてこないようになるのです。

このことから「毛乳頭までの道がある状態」つまり
「毛の根元と、毛がつながっている状態の毛」しか、光は反応しないということになります。

つねにすべての毛穴がこの状態であれば、脱毛は2〜3回で終わるでしょう。

ヘアサイクルの図

しかし、毛には「毛周期」というものがあり、毛乳頭と毛がくっついている状態(成長期)→毛はあるものの毛乳頭とくっついておらず、抜けようとしている状態(退行期)→抜けてしまってまったく毛が生えていない状態(休止期)を2カ月〜半年のペースで繰り返しています。

この周期に合わせて脱毛することで、効率よく「毛と毛乳頭がくっついてる毛」に光を当てて、脱毛を進めていくことができるのです。

短いスパンで通うと効果が薄いだけでなく、毛穴に何度も光をあてて負担を与えてしまうことになりますから、2〜3カ月という期間は守りながら通うようにしましょう。

トップへ

脱毛サロンの基礎知識記事一覧

「産毛だけなのに、顔脱毛って必要?」と思う人もいますよね。たしかに産毛は、ワキや腕、足の毛にくらべて目立ちません。でも、シェービングしてから化粧をすると、化粧ノリがいいと感じたことありませんか?また、うっすら生えている毛がなくなることで、顔全体が明るく見えるようになります。色白に見えると、年齢も若返って見えて、アンチエイジング効果も期待できます。顔脱毛は、将来的にもしておいたほうがいい脱毛と言えま...

脱毛すると毛がどんどん減っていくイメージがありますよね。ほとんどの場合その通りで、施術を繰り返すたびに毛は減って、産毛になって、やがて生えてこなくなります。ただし、ごくまれにですが「毛が増えるひと」や「毛がかたくなるひと」がいるので注意してください。これは、肌が刺激を浴びることで、過剰に反応して起きることです。また毛は皮膚を守るために生えているので「減ってはいけない!」と細胞が思うことで、増えると...